【UQmobileiPhone】iPhoneをUQmobileでお得に利用する方法徹底解説!

大手キャリアの2年縛りと格安SIMの最低利用期間の違いは?

 

 

大手キャリアではいつからか2年縛りという解約手数料が設定された
とても使いずらい契約方式を取るようになってきました。

 

 

元々はiPhoneなどをお得に購入して転売する人たちが多かったせいで生まれた
この2年縛りは普通の利用を続けている人たちに不利益を生むようになっていました。

 

 

しかし格安SIMが登場したことで格安SIMには2年縛りが無いので
大手キャリアの2年縛りが嫌だった人たちにとても喜ばれる通信サービスとなっています。

 

 

ただいくら2年縛りがない格安SIMといっても
格安SIMにも最低利用期間というものが設定されています。

 

この格安SIMの最低利用期間とはどのような物でしょうか。
最低利用期間についてご紹介させて頂きます。

 

 

 

格安SIMの最低利用期間と2年縛りの違い

大手キャリアの2年縛りと格安SIMの最低利用期間の違いは?

 

 

格安SIMで設定されている最低利用期間と2年縛りの大きな違い
期間と自動更新となります。

 

 

最低利用期間と2年縛りの違い

  • 最低利用期間は基本12ヶ月、利用期間後はいつでも解約可能
  • 2年縛りは2年ごとに自動更新で解約月以外で違約金が発生

 

 

大手キャリアの2年縛りと比べて格安SIMの最低利用期間は
その期間が基本、半分の12ヶ月となっています。

 

 

また2年縛りが自動更新であるのに対して格安SIMの最低利用期間は
過ぎると違約金もなくいつでも解約が可能となっています。

 

 

12ヶ月というと格安SIMに慣れてきたタイミングとなるので
そのタイミングでいつでも解約やMNP転出が可能というのは
ストレスも無く本当に使いやすい契約形態となっています。

 

 

また音声通話が可能となるプランでは12ヶ月の最低利用期間が設定されていますが
データ通信のみのプランでは最低利用期間は設定されておらず
格安SIMを試してみたい方にはぴったりとなっていますよ。

 

 

格安SIMの最低利用期間の注意点は?

 

 

格安SIMの最低利用期間は音声通話SIMのみ設定され
基本は12ヶ月の利用期間となっています。

 

 

この間に格安SIMキャリアの解約やMNP転出を行った場合は
1万円程度の解約手数料が発生してしまいます。

 

 

ここまでは特に問題はありませんが
最近の格安SIMキャリアの傾向でこの12ヶ月が基本だった
最低利用期間が2年間、3年間といったものがあるので注意が必要となります。

 

 

 

最近の格安SIMの新プランでは長期の最低利用期間が設定されている!

 

 

 

最低利用期間が長期になる分、お得に端末が購入できますが
お得な割引料金だけでなく最低利用期間の確認も必ず必要となっています。

 

 

またUQmobileなどではiPhoneシリーズが2万円以上も割引価格で購入できますが
お得なぴったりプランやおしゃべりプランでは大手キャリアと同じ自動更新付きの
2年縛りとなっているので利用期間の確認は申し込みの前に必ず確認してくださいね。