【UQmobileiPhone】iPhoneをUQmobileでお得に利用する方法徹底解説!

格安SIMの通信速度は遅いの?

 

 

docomoやau、ソフトバンクの通信速度はとても素晴らしく
平均で100Mbpsといった実測値が発表されています。

 

対して格安SIMの通信速度は遅い!や不安定!といった
書き込みを見かける事ができます。

 

 

格安SIMの通信速度は本当に遅いのでしょうか。
格安SIMの通信速度についてご紹介させて頂きます。

 

 

 

格安SIMの通信速度は遅いの?

格安SIMの通信速度は遅いの?

 

スマートフォンをはじめタブレットなどデータ通信利用するサービスは
通信速度でその快適さが大きく変わってきます。

 

 

一般的にスマホアプリやwebサービスを快適に利用するために
必要な通信速度は3Mbpsから5Mbpsと言われています。

 

 

では格安SIMの通信速度はどうでしょうか。

 

 

実は格安SIMの通信速度は日常使いをする上で
まったくの問題ない通信品質で提供されています。

 

 

格安SIMキャリアが発表する平均実測値はキャリアによっても違いますが
平均で10Mbpsから15Mbpsとなっています。

 

 

そのため3Mbpsから5Mbpsで快適に利用できるといわれている
通信サービスでも格安SIMならしっかりと利用する事ができるのです。

 

 

また私が実際にスピード計測アプリでの実測値では
1年間で平均20Mbpsとなっており格安SIMの通信速度については
ほとんど問題がないと言えるでしょう。

 

続いて格安SIMの通信速度で一番デメリットとなるお昼の通信速度についてご紹介させて頂きます。

 

 

格安SIMのお昼の通信速度も改善傾向にある!

 

 

格安SIMの利用を初めて一番最初に気になるのは
やはりお昼の時間帯の通信速度です。

 

 

格安SIMのお昼の通信速度は平均で1Mbpsから3Mbpsとなり
画像の多いサイトや動画サイトなどの表示が遅くなりかなりストレスとなってしまいます。

 

 

しかし以前まではお昼の通信速度の低下の時間帯が
12時から13時までの1時間程度だったのに対して最近で
は12時30分から10分から20分程度とかなり改善してきています。

 

 

格安SIMの利用の満足度はこのお昼の通信速度の低下を
どれだけ我慢できるかがポイントとなっています。

 

お昼の時間帯のデータ通信の利用をテキスト中心のサイトに変更したり
LINEのメッセージ交換や通話程度に抑えればお昼の格安SIMの利用
満足できるものになると思いますよ。

 

 

私自身も格安SIMのお昼の通信速度の低下は利用直後は
かなりストレスとなっていましたが2年近く格安SIMの利用を続けると
ずいぶんと慣れてきているのであなたもきっと対応する事が出来ると思いますよ。

 

 

格安SIMのお昼の通信速度の低下の回避方法

 

 

格安SIMのお昼の通信速度の低下がどうしても我慢できない方は
通信速度が優秀な格安SIMキャリアの検討をおすすめします。

 

 

実は格安SIMキャリアの中にはお昼の時間帯でも通信速度が
低下しない優秀な会社があります。

 

 

それがUQmobileです。

 

 

UQmobileなら他社の格安SIMキャリアが1Mbps程度となっている場合でも
10Mbps以上の通信速度で利用できお昼の通信速度の低下に
不満がある方でも快適に利用していただく事が可能となっています。

 

 

UQmobileは利用できる通常プランは3GBプランのみとなっていますが
繰り越しサービスも利用できるので月に4GBまで利用できるようになります。

 

通常程度のデータ通信の利用状況ならUQmobileの通常プランがお勧めとなりますよ。